エンジニア☆フルスロットル

フリーランスへの道をひた走れ。

独立の目標を果たすため必要な準備

Webエンジニアが会社を辞めて独立するためには、事前に準備を必要とします。
そこでいつ職場を離れるのか目標を定めると共に、期日までに必要な準備は全て済ませる心掛けが欠かせません。

まず独立を目指すにあたって、単独で仕事をこなせるだけの実力が伴っていなければなりません。
仕事のスキルや経験が不十分でなうちに単独で仕事をするというのはリスクが高いです。

そこで独り立ちにはどのようなスキルが必要であるか把握すると共に、目指す目標の期日までに必要なスキル習得のプランを立てます。
難度が高いスキルほど、習得時間には余裕が求められます。

さらにこれまで勤めてきた職場を離れるにあたり、退職する予定である事を伝え引き継ぎなどの作業を行わなければなりません。
突然職場を辞めるとなると関係者に多大な迷惑をかけてしまいます。
少なくとも職場を辞める半年以上前から上司には相談を行い、退職し独り立ちするまでの期日に余裕を持つ配慮が大切です。

Webエンジニアが独り立ちするまでの明確な目標が定まっていると、おのずとそれまでに何を用意すればいいのかスケジュールが立てやすく、無理なく準備が進められます。
目標を設定しそれまでのスケジュールを立てるという行動はビジネスの基本であり、職場を離れ単独で仕事をすることになってからもいずれ必要なノウハウです。

独立を機に目標設定やスケジュール作成のノウハウを基本から見直すようにすると、その後の仕事も上手くいきます。